チョコレート

そういや今年ももうすぐバレンタイン。
私は馬鹿だった。
こんな軽佻浮薄なイベントって何それ?って嘲笑って生きてきた。

でも、お兄ちゃんがもらってきたチョコにはむかむかとむかつくから、急いで帰宅して本人が見る前にびりびりに包装紙を破いて誰からか分からないようにして、全部胃の中に収めてやった。
凝った感じの包装紙にパリですかって感じのリボンが巻き付けられたフンパツしただろうもの。
それに手作り感溢れるいじらしくってハートフルなもの。
何の区別なく容赦なく処分した自分って、残忍だったかも。
送り主のタグとか封筒とかも一切合切全部処分してやったもんね。
しかも後でこっそりと見ないようにチェックしないように、自転車に乗って遠くの何処かに捨てに行くという周到さ。
どうよ!してやったりって感じ。
それで帰宅した兄にひとこと。
「ごめん、全部食べちゃった」。
兄は何故か恥ずかしそうに、いいよ別にと言い、自室にいったん入る。
部屋から出てきた兄を、私は穴のあくほど見つめる。
誰からなのか、心当たりがあるんだ。
そいで翌日にはごめん、妹が食べちゃってとかって話すのだろう。
何個かあったみたいだけど、どれだったのかな?って嫌味なくモテっぷりを披露もできる。
彼女は嫉妬の炎をめらめらと燃やし、妹からそれほど慕われている兄にいっそう想いを寄せる。
ふたりはさらに和み、近づくのだ。
しまった、やっちまった!。
ピエロか!バカ私!と、湧き起るヒステリーをなんとか肚に収める。
で、食卓に座った兄に自分のチョコを「どうぞ」としおらしく差し出す。
明日がどうあれ、今この瞬間、兄が食べる頬張るチョコはこれだけ。
「わたしだけ」。
昔は凄まじいまでのブラコンだったのに、いつからこうなってしまったのか。
だからあなたも食べないで。
絶対絶対絶対に食べないで。
義理チョコだって食べないで。
本命だろうが義理だろうが、綺麗に包装してようがびりびりに破いて遠くにぽいって捨て去るから。

明日はバイトの面接

別に特別な理由とかもないんですけど、今回、風俗系のバイトを始めることになりました!

もうなんかバイトの面接に行くために履歴書書いたりしてたんですけで、あまりに長い間ペンをもっていなかったもんですからプルプルしちゃって書けないし、字も汚い汚い。

もとからきれいな方ではなかったんですけど、まぁ一応小学校のころは硬筆を習ってたので、そんなに汚くはなかったんですけど…。

「なんだこれ。みみずか?」と疑いたくなるような文字になってしまっておりまして…。
みなさんは文字書くのうまかったりしますか?

中学校の時まで私の字、硬筆やってたせいで書道やってる様ななんかとてつもなく、荘厳な字を書いてたんですけれども、
さすがに高校生になってから「…やめよ」となりまして、女の子らしい丸文字に変えようと思ったんですけど、あれってなかなかできないもんなんですね。

丸文字って文字の本来はらうところを止めて丸くするんですけれど、
それができないできない。
左はらいに底知れぬ自信を持っていたもので
はらうはらう。

友達にはよく「これ丸く書けた!」っと見せたのに
「…うん。頑張ってる文字だよね…。なんか…文字に葛藤が見えるよ…」とよく複雑な顔をされていました…。

その努力と友達の複雑な顔のせいで、今では立派な丸文字を作ることができました!
しかし、それも下手になってしまってなんかもう…ただ汚いだけになりつつありますが…。
とりあえず、パソコン社会になりすぎるのも考え物だってことですね(笑)

スマホ視聴可能なサンプル動画
スマホ視聴可能なサンプル動画
スマホでも高画質で視聴できるアダルト動画コンテンツのまとめ。
dougahakkutsu.com/

«
»